子どもにだって動線がある

キッチンでお料理を作るときに動線が悪いと効率が悪いですよね。

自分目線だと動線の事を考えるのに、人の事だとうまく考えられないのが人間です。

子どもが入学して、部屋を作って学習机を買って。

でもなかなかその机で勉強することはありません。

うちの子どもが自分の机で勉強をするようになったのは高校になってやっとでした。

でも母親的には

「部屋を作ったんだから、机を買ったんだから持ち物は部屋に置くべき」

と思ってしまいますよね~

でリビングで勉強をしてそのままカバンごとウワァーーーと置きっぱなしになります。

「部屋に持って行って!」というと持っていきますが、翌日はまたウワァー。

そうなんです。子どもだって使いやすいところにモノを置きたい。

勉強するところと道具を置く場所が遠かったら「不便」なんです。

スペースが許せばリビングの一角に

「いつも使う勉強道具」

を置く場所をつくってあげてください。きっと親も子もストレスがへりますよ。

あと家族のものの収納場所を決めるときに、

勝手に自分の都合がいい場所を設定せずに、「どこに決めたら使いやすい?」と一言聞いてあげて下さい。

「ここに置け」ではなく「自分で決めた」ことになりますし、自分のモノの置き場所とはなんとなく嬉しいものです。

スムーズにその場所に置いてくれるようになりますよ。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
~整理が苦手な方のお手伝いします~
仕事が忙しくて、子どもがいて、うまく片づけられない方はご相談ください。

整理のやり方に迷ったらいつでもお手伝いいたします。

「置き場所」「動線」を考えるお手伝いをします!
HPはこちら
Laugh_Laugh_Life 整理収納アドバイザー 久保ふみ子
主なサービスエリア:神戸 芦屋 西宮 宝塚 伊丹 川西 尼崎 三田 その他関西全域お問い合わせ下さい